管理人について
摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 管理人について
管理人について
(2012年9月改編)
ようこそ。こぶちさやかと申します。
私のホームページを訪れていただいて、ありがとうございます。
管理人こぶちのことについて書いているページです。

初めに言っておきたいのですが、私は摂食障害の専門家ではありません。
私は、摂食障害を治すことはできません。
このホームページを専業としてやっているわけではありません。
あなたより、たまたまほんのちょっと早く治っただけの、凡人です。
時々、私のことを「救いの神だ!」と言ってこられる方がいらっしゃいます。
苦しくて苦しくて、そんな時にこのホームページを見つけてくださったのだと思います。
藁にもすがりたい思いなのだと思います。気持ちはすごく分かります。
でも、残念ながら私は、摂食障害の方一人ひとりに向き合って助けるだけの力を持っているわけではありません。
申し訳ない気持ちになるのですが、私にはできることとできないことがあって、無理なく出来る範囲でこのホームページを運営して行こうと思っています。

そんな私です。期待はずれですみません。

そんな私のことを知りたいと思う人は、見て行ってくださいね。

名前 性別 生まれた年 住んでいるところ 職業
こぶち さやか 女性 1983年 九州の田舎町 会社員
摂食障害歴:約10年
高校1年生の時、拒食症になる(身長170cm弱で体重30キロ台半ばまで体重減少)
→吐けない過食症になる→拒食と過食を繰り返し、嘔吐を覚える→数年後嘔吐克服→下剤乱用
→回復に向かう→摂食障害克服によって見えてきた、いろいろな課題について悩む
→試行錯誤→今ココ
入院回数 お薬
5回(うつ病による入院も含) 数年にわたり飲んだのはパキシル
デパスやデプロメールなどは数カ月レベルの使用経験

 サイトを始めたきっかけについて

 摂食障害が回復に向かった頃、自分の今までの経験を文字にして振りかえりたいという気持ちがありました。と同時に、単純にネット上にホームページを作ってみたいという興味がありました。その二つが合わさって、このサイトができました。

 このサイトに対する想いについて

 初めにも書きましたが、私はこのサイトを本業としているわけではありません。
特別な使命感とかを持ってやっているわけでもありません。
誰かを救いたい!私の経験をみんなのために役立てたい!とか、そういう強い思いも特段持っていません。
こんなこと言うと嫌われるのかもしれませんが、正直、このサイトに対する私の想いは単なる自己満足なのだと思っています。

摂食障害が治ってみて気付いたことはいろいろありました。
苦しんでいた10数年は、私の人生の中でも、なんだか真っ暗なトンネルに入っていたような、おかしな時期でした。
それを残しておきたい。
そこから始めたこのサイトは、続けて行くうちにどんどん情報量が多くなって、たくさんの人に見てもらえるようなサイトに成長していってくれました。

私のホームページを見て、何か気付いたり、共感したり、ヒントになったり、反面教師にしたり、そんな人が1000人中1人くらいいれいいかなという気持ちです。
つまり、1000人中999人には役に立たなくったって仕方ない…と思っています。
そこが、自己満足的なのだと思います。

これからも、末永くこのホームページは運営して行きたいです。
自分の大切にしているものと両立をさせて、無理なく続けていこうと思っています。

●2008年11月29日に書いた自己紹介文章●

最近の私は、とてもよく笑うようになりました。
生きてて良かったと思えるようになりました。
心が穏やかであるということが、どんなことなのか知りました。
朝日がきれいで気持ち良いとか、ご飯がおいしいとか、誰かに会うのが楽しみだとか、そんなことを当たり前のように感じれるようになりました。
何より、夜、温かなお布団にもぐりこみ、「今日も良く頑張ったね」と、そういうふうに1日を振り返り、心地よく眠りに落ちれるようになりました。
これは、とってもとっても幸せなことなんだと、心底思えます。

そして、今、ここにいる自分のことを認められるようになりました。
自分を大切にしたいと、そう思えます。
自分を大切にすることがどういうことなのか、前より分かってきたように思います。
過去の自分を愛しく思い出し、あんな出来事もあったと、思い返すことができます。

ここまでの道のりは、あっという間でした。
20歳過ぎたら、歳をとるのは早いとよく言うようですが、全くその通りでした。

今までの私はいつも、空白の時を生きているように感じていました。
周りの時間に乗りそこね、自分だけが苦しみを背負って、そのためだけの時間を消費しているように思えていました。

でも、通り過ぎてしまった時間を今思い返すと、私は、ちゃんと生きてきたんだと、そう思います。
空白なんかじゃなかったし、私は私なりの時間を経て、毎秒の自分を積み重ねて、今ここにたどりついたんだなぁと、そう思います。


●2012年5月5日に書いた自己紹介文章●

上に書いた文章から、約3年半が経ちました。
早い!!!の一言です。もうすぐ30歳です。

最近思うのは、ありのままの自分を周囲の人に見せるのは、心の中の不安や恐怖感が邪魔をしてしまうことが多く、やっぱりすごく難しいなということです。
頭では分かっていても、嫌われるのが怖くて、本当の自分以上に見せようとしてしまったりします。
周囲の人と表面上の関係しか築いてこなかった私は、大人になった今でも人付き合いに悩んでばかりです。

ただ、人と本音で語り合ったり、ぶつかったりすることの大切さを、ここ1年ほどですごく学びました。
まだまだ未熟な人間であることに変わりはないけれど、怖がらずに本音を言ったり、気持ちを上手に伝え続けていくやり方を学びつつあります。
周囲の人の支えのおかげです。
本当に本当にありがとうね。

このホームページでも、コミュニケーションのあり方とかについて、もっと触れていけたらと思っています。



以上、自己紹介でした。読んでくださった方、ありがとうございました。
あなたがこのホームページを訪れてくださったことに、心から感謝します。

↑このページの一番上へ

□ トップページへ戻る
更新履歴参考文献利用上の注意リンクリンクについて
Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.