摂食障害とは

摂食障害(過食症・拒食症)を生きて
トップページ 摂食障害とは 私の体験談 摂食障害の治療 みんなの体験談 メール

トップページ > 摂食障害とは

摂食障害とは


摂食障害とは」をはじめて読まれる方は、必ずこちらからからお読みください→利用上の注意

摂食障害という病名は、最近では特に若い女性ならばほとんどの人が聞いたことがある病名ではないかと思います。
芸能人が拒食症になって激痩せしてしまったり、逆に過食症になって太ってしまったりすることが雑誌などで取り上げられることもあります。
ですが、「摂食障害」「過食症」「拒食症」という病気は、単なる「ダイエットの失敗」「ダイエットの失敗の結果の症状」などと捉えらえられることが多く、言葉だけが一人歩きして、その症状や苦しみ、危険性は本当の意味で理解されているとはいえないと思います。
摂食障害患者さんは、いろいろな面で誤解を受けてしまい、さらに苦しみを深めてしまうこともあります。

一般的に、摂食障害は10代後半から20代前半の女性に多く見られ、発症の平均年齢は18歳です。
近年、患者数は増加傾向にあり、小学生や中高年の女性、そして男性が発症する例も増えているようです。
(男性の摂食障害患者さんは、女性に比べると5パーセント程度だということです。)
欧米や日本などのいわゆる先進国では患者が増加傾向にありますが、発展途上国や食糧難の地域ではほとんどみられません。
同じ国内でも、都市部に多くみられます。

摂食障害について、病気の概要から身体への影響、原因など、私が本で読んで調べたり、かかりつけの先生達に教わったことを元に書いています。
この病気について少しでも知ってもらえればと思います。
左側のメニュー一覧から、ご覧になりたいところをクリックしてください。


↑このページの一番上へ

トップページへ戻る
■病気の概要■
一般的なイメージ
摂食障害の分類
 ├ 過食症とは(診断基準)
 ├ 拒食症とは(診断基準)
 └ 特定不能の摂食障害とは
*摂食障害の捉え方
 ├ 摂食障害は病気じゃない?
 └ 食行動への嗜癖という見方

■身体への影響■
嘔吐・下剤乱用による身体的影響
拒食(やせ)による身体的影響

■心の症状と行動■
考え方の特徴
* 心の症状

 ├ 偏った病識(過食症)
 ├ 病識の欠如(拒食症)
 ├ ボディーイメージの障害
 ├ もう一人の自分と心の葛藤
 ├ イライラ
 ├ 落ち込み・うつ状態
 ├ 自信喪失・見せかけの自信
 ├ 先のことへの不安と心配
 └ 妄想
* 行動
 ├ 活動性亢進
 ├ 食事へのこだわり
 ├ 引きこもり
 ├ 退行
 ├ 万引き・盗み
 ├ 隠れ食い・買いだめ行為
 ├ 依存
 └ 自殺企図・自傷行為

■病気の背景■
摂食障害になりやすい人は?
* なぜ摂食障害になるのか
 ├ 社会的・文化的背景
 ├ 心理的背景
 └ 家族背景
Copyright(c)  摂食障害(過食症・拒食症)を生きて  All rights reserved.